3Dに動く | パーソナルジム ピラッジオ関内馬車道店

関内のマンツーマン・お子様連れOKのパーソナルジム。エクササイズやストレッチでダイエット 関内のマンツーマン・お子様連れOKのパーソナルジム。エクササイズやストレッチでダイエット

3Dに動く

2017.04.06

こんにちは!(^^)!五島です。

最近とってもお天気が良いですね~☀

一昨日もセミナーに出てからお仕事に戻ってまいりました。

今週に入り、暖かくなったので、先週寂しかった目黒川のはキレイに咲いていましたよ~

  

川のコラボって本当に風情がありますよね~~~✿✿✿(先週に引き続き花びら散らしてみました)

 

今回書こうかなと思ったことは。。。

身体を3Dに動かしてみよう!!

ということです。

ピラティスやヨガをはじめ、運動をはじめようと思ってお話を伺う人は、そろって「カラダ硬いんで!」

ということば。

以前も何度か書かせて頂いていますが、身体をしなやかにすることで自然と柔らかくなる!というトレーニング。

今回は3Dの動きもやってますよ~!

というご案内です。

マットの上でもさまざまな『ひねり』ストレッチのようなエクササイズを行っていますが、今回は、スタンディング(立った姿勢)での動きです

ほんの1部ですが、こんな動きです。

これは胸郭、肋骨の動きにアプローチした動きです。

ブルーのセラバンドをまいておりますが、まず、右に横向きに立っているのが分かりますか?そしてこちら側に振り返っています。

その時、骨盤は右正面を向いたまま向こう側の骨盤が見えないこと、そのためにこちら側の脚を向こう側に引っかけています。

そしてブルーのセラバンドで胸郭を押し引きして動かしているのです。

 

次。これは立って腹筋(ロールアップ)をしている姿勢です。

以前から、背中に力みがあり、お腹が抜けているという姿勢のお話をしています。

そのためには、このように胸郭を押し丸めるということが分かるように、セラバンドをまいて、その部分を押しているという感覚でお腹をスクープしてみるというエクササイズです。

手で前に引っ張っているので丸めている部分に抵抗を感じるのと、お腹をスクープするのに、尾骨からハムストリングス(腿裏)にかけてもグーっと下に押しているので、お腹をスクープすることが、このように引っ張り合う感覚であるということが分かりやすいのです。

こんな文章や動きの止まった写真では分かりずらいかもですが。。。

 

こんなことも行って、背中周りの力みからの肩こり腰痛改善や、しなやかな身体作りを行っています。

そして、ここで今回一番お伝えしたいことは『スタンディングでの意味』です。

マットに寝転んで、ひねりやお腹スクープでは出来ないことがあります。

それは、3Dに動くということ。

このように、マットを通り越して押し引きするという感覚、そして、足裏でしっかり重力を感じてコア、脚、お尻の筋力など踏みしめながら行うということが、さまざまな日常の生活やパフォーマンスへのトレーニングとなるのです。

 

いかがでしょうか。4月に入り、復活される方、ご体験にいらっしゃる方が増えてきています!皆さんやる気で気持ちがいいです!(^^)!

今年の大型連休GW!!きっと薄着の季節ですね♪その前からしっかりボディメイクしていきましょう\(^o^)/♪